タイ・バンコクに行く人は入れておいた方が良いアプリ

タイ・バンコクに行く人は入れておいた方が良いアプリ画像

みなさんこんにちはYUKINOです。私は今月の頭にタイに行ったのですが、タイに着いた瞬間言語がタイ語に切り替わり、標識もタイ語になるので何て書いてあるか分からなかったので、非常に困りました。分からないのであれば、聞けば良いのですが、タイ人は英語が話せない人が多いので、苦労しました。

そこで、今日は私がタイの滞在中に重宝したアプリケーションの紹介をします。これから、タイに行く予定がある方は、絶対に入れておくべきです。

タイ・バンコクで役に立つアプリ

タイで役に立つアプリ画像

それは、タクシーの配車アプリのGrabです。日本ではまだ有名ではないですが、Grabはインターネットがあれば、どこでも配車ができます。タイでは、住所が分からなかったので、ネットで住所を調べ、Grabのマップに住所をコピーアンドペーストして配車していました。

タイや東南アジアでは、タクシーのぼったくりが多いですが、Grabを使うと、そういうことはありません。中でも、GrabタクシーとGrab carがあるんですが、Grab carは少し値段が上がりますが、車は綺麗だし、運転手も親切な人が多いです。

アジアのタクシーでは乗車拒否や目的地に行かない時がある

アジアのタクシーでは乗車拒否や目的地に行かない時がある画像

なぜ、今回Grabが役に立ったかと言うと、東南アジアでは、タクシーの乗車拒否があります。遠い場所や渋滞が多い時間帯は、タクシーが止まっても、「遠いから行きたくない」や「渋滞しててるから行きたくない」やメーターじゃなく言い値で交渉される事もあると思います。

一度であれば良いものの、乗るたびにするってなるとストレスがたまるんです。なので、そういったトラブルを抑えるためにもGrabは凄くオススメです。しかも、行く前に値段がわかるので、お金でのトラブルはなくなります。

東南アジアでは、最初は安い値段で行くって言っても、着いた途端倍にあげて来る人も居るので、そういう悪い人にひっかからなくて済みます。

タイのGrabは配車だけではない

タイのGrabは配車だけではない画像

Grabは配車で有名ですが、タイのGrabは配車だけでなく、レストランのやローカルフードの配達も頼めます。タイの滞在中に夜雨が酷い日があって、1時間位すれば止むだろうと思い、ホテルで待って居たのですが、何時間経っても止まなかったので、タイでご飯をデリバリーしてくれる場所をインターネットで探して居ました。

その時に、「Grabならご飯も配達してくれる」って思って、至急Grabでご飯を頼んだら、40分くらいで届けてくれました。時間帯や、曜日によってレストランの近くにドライバーが居ないと、届けてくれません。ドライバーが英語が全く話せなかったので、アプリ内でチャットをして、なんとか届けて貰いました。

Grabのチャットで会話をすると、英語で打ってもタイ語に自動変換してくれるのでタイ語が分からない人も安心して使えます。

タイでGrabを使うにはインターネットが必要

タイでGrabを使うにはインターネットが必要画像

タイで、Grabを使うにはインターネットがどうしても必要になります。そこで、私はタイのSIM「AIS」という会社のシムを使って居ました。一週間インターネットが使いたい放題で、274BTH(約860円)でした。空港に着いてすぐにインターネットが必要だったので、空港のところで設定からインターネットの接続までやって貰いました。

市内でやった方が安いのかもしれませんが、めんどくさいのと、高くないので、早くインターネットを使いたい方は、空港でSIMを入れ替えましょう。

タイのAISシムについて

タイのAISシムについて画像

タイの滞在中は、AISシムで生活していましたが、インターネットの速度も気にならないし、何より使いたい放題だったので、YOUTIBEもなんなく見れました。一番重宝したのは、GOOGLE MAPでした。とにかく土地勘が無いので、行きたいところがあれば、常にGOOGLEで調べてました。インターネットがあるのと無いのでは旅のしやすさが変わるので、タイに行ったら、シムを切り替える事をオススメします。

他のSIM会社もあると思うので、気になった方は、調べてみてくだい。

東南アジアに行く際は、Grabを入れるべき

東南アジアに行く際は、Grabを入れるべき画像

タイに限らず、フィリピンなどの東南アジアでは、Grabを入れておくと、タクシー詐欺にあう確率が下がります。特に、どの国に行っても、空港からタクシーに乗る時が一番タクシー詐欺に会います。お金を多く払って安全を買ったって思えればいいんです。ですが、気持ち的な問題で、納得できないのが人間です。

そんな中で、Grabを入れておけば、安全に安く目的地に着く事ができます。こんな素晴らしい事はないです。

フィリピン・マニラのスラムで迷子

フィリピン・マニラのスラムで迷子画像

私は、フィリピンに住んで居た時に、マニラに行かなければならない用事があって行きたくなかったんですけど、マニラに行来ました。その時Grabは入れていたのですが、携帯にSIMを入れられなかったので、Wifiがつながるところでしか携帯が使えなかったので、モールまでタクシーで行ってから、ゲストハウスに向かう予定だったんです。

モールで現金を換金して、タクシーの運ちゃんに場所を伝えて、タクシーでゆられながら⒛分くらいしたら、タクシーの運ちゃんの様子がおかしいんです。どうしたのと聞いたら、「道に迷った」って言われて、「お前のホテルわからないから、ここで降りてくれないか」っていわれて下されたのが、明らかに治安が悪そうなスラム街でした。

その後何とかしてゲストハウスにたどり着くのですが、アジアではそうゆう事もあるので、気を付けてください。私が言える事ではないですが、安全が第一ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。