私がフィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学に入学した理由と入学方法

私がフィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学に入学した理由と入学方法画像

みなさんこんにちはYUKINOです。最近では、フィリピンでの英語の語学留学が爆発的に流行しています。フィリピン=英語という概念も少しずつ浸透してきたでしょう。英語が上達すると、次はどのような場で英語を勉強しようか考えますよね。その中でも、フィリピンの大学に進学したい人は年々増えているのではないでしょうか。

しかし、フィリピンの大学については、情報が公開されて無く未知の領域になってますね。そこで今日は、私がどのようにしてフィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学に正規留学した方法を紹介していきます。

シリマン大学はどこにある?

シリマン大学はどこにある?

シリマン大学についてですが、SILLIMAN UNIVERSITY(シリマン大学)は中部ビサヤ地方のドゥマゲテという町にあります。フィリピンの大学の中でもインターナショナルの大学として有名でフィリピンの大学では6位の学力でアジア全体でも大学ランキングでトップ300に入ります。

日本で中途半端に、大学に行くのであれば、フィリピンの大学に留学した方が実りのある4年間になるでしょう。シリマン大学は、フィリピンでも珍しい、アメリカ資本の学校でプロテスタントの学校になってます。なんと、大学の構内の中に教会があります。

シリマン大学に入学するのにエージェントは使った?

シリマン大学に入学するのにエージェントは使った?画像

私が、シリマン大学に行った時は、エージェントは使いませんでした。なぜなら、シリマン大学はフィリピンの中でも田舎のドゥマゲテに有ります。フィリピンの中ではインターナショナルの大学として有名ですが、日本ではあまり知名度はありません。

フィリピンの大学に留学しにいく方達は、セブやマニラに行くのでエージェントもセブやマニラやダバオなどの大都市しか支援していなかったのと、自分で留学に行く事を決めたので、手続きはお金を払って誰かにやってもらうのではなく、自分でやりたかったからです。

フィリピンの大学の手続きは全部英語です。書類も手続きもそれって自分の英語力を高める絶好のチャンスなんです。なので、もしエージェントを使おうとしているのであれば、情報だけ聞いて手続きは自分でしたほうが達成感はあります。

エージェントは使わず自力でフィリピン大学の入学許可をもらうには

エージェントは使わず自力でフィリピン大学の入学許可をもらうには画像

幸運なことに、私にはシリマン大学に通っている日本人の方が居たので、インターネットで分からない事は、その方達にインターナショナルオフィスに言って書類などの一覧を聞いてもらいました。しかし、多くの皆さんは、フィリピンの大学に行って居る知り合いの方は居ない人が多いです。

私は、フィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学に留学をすると決めた時に、何をして良いか右も左も分かりませんでした。そんな時に”シリマン大学 留学”などとGOOGLEで検索しましたが、日本人が少ないので、情報は出てくる事なく、シリマン大学のホームページを眺めていて、インターナショナルオフィスのメールアドレスと電話番号があったので、メールをしました。

ですが、待っても待ってもメールは来ず、1か月半かかっても来なかったので、どうすれ良いか考えました。その時に、フィリピン人は絶対FACEBOOKのアカウントを持って居ることに気付き、シリマン大学のインターナショナルオフィサーの名前を検索したら、オフィサーの方と繋がりました。

その後自己紹介をして、「シリマン大学に留学生として入学したいけど、何が必要?」と聞いたら、インターナショナルオフィスのメールにメールをしてくれと言われて、もうすでにした事を伝えると、2日くらいで返信が来ました。

そこから、メールでのやり取りをして、必要な書類は日本で集めて、PDFにしてE-mailで送りました。入学金を前金として振り込んで、入学許可証が発行されました。

(*フィリピンでは、メールを見る事が限りなく少ないので、連絡が帰って来ない事も”頻繁”にあります。)

私が、フィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学を選んだ理由

私が、フィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学を選んだ理由画像

フィリピンには、多くの大学がありますが、全ての学校でインターナショナルの生徒を受け入れているわけではありません。中には、フィリピン人しか受け入れてない学校もあります。ですが、フィリピン留学を経験した私からすると、絶対にインターナショナルの生徒が多い学校の方が良いです。

なぜならば、いくらフィリピン人が英語を喋れて英語が堪能でも、インターナショナルスチューデントは、マイノリティーです。そのため、授業では現地語で授業を好む先生もいますし、

インターナショナルスチューデントが多い学校では、すでに外国人生徒を受け入れる体制が整って居ますし、ビザのサポートや同じ国のコミュニティを紹介してくれたりと、色んな事をしてくれます。

いくら、フィリピン人が英語が堪能でも、やはり現地語を好む学生も居るので、その中でインターナショナルの生徒がいなければ、完全に蚊帳の外を味わいます。私は、同じ学部の同期に中国人の子が居たのでその子とほぼずっと英語で会話をしていました。

なので、私はフィリピンの大学に行くなら絶対にインターナショナルのサポートが強い学校をオススメします。あと、フィリピンの大学では、マニラやセブとドゥマゲテのような田舎だと、生徒の質も変わってきます。

マニラやセブややはり都会なので人との関わりが少ないです。それに比べて、ドゥマゲテは人が人懐っこいので、英語があまりまだ得意ではない人にも優しい街だと思います。

シリマン大学への留学方法とコース

シリマン大学への留学方法とコース画像

シリマン大学は、沢山の学部があります。英語から始まり、歴史、心理学、メディア学、ビジネス、医療、看護とにかくいっぱいあります。中でも、シリマン大学は看護で有名です。看護学部はフィリピン1の国家資格合格率を誇って居ますが、入学試験も他の学部に比べると厳しくなっています。

インターナショナルの生徒は、大学の学部に登録する前に、英語のテストがあります。そのテストに合格できなければ、EOというシリマン大学が英語を第二言語で学ぶ生徒用に向けた、英語の授業を半期受けてからでないと正規の学部生として登録できません。

一方で、試験に受かれば、正規の学部生として授業を受けれますが、医療と看護さらに建築や心理学などの科目は、別途試験を受け、その試験をパスしないと学部生として登録できません。なので、多くの人が違う学部に入ってからコースをシフトしていきます。

シリマン大学のEO(イングリッシュオリエンテーション)

イングリッシュオリエンテーションは、シリマン大学が提供する英語の授業です。授業の多くは、レクレーションが多く、英語の慣れて大学での学習生活に不祥が出ないようにするものです。しかし、EOを受ける生徒の中でもレベルがバラバラなので、英語が出来る人には退屈に感じるかもしれませんが、インターナショナルのコネを作る絶好のチャンスです。

EOはだけでも受けられるので、学費を抑えて英語を一から勉強したのであれば、オススメです。半セメスターで学費が約7~8万ほどなので、下手にフィリピンにある語学学校に行くよりも安いです。英語を一から勉強したい人にはオススメです。

シリマン大学正規留学

EOとは、違い正規留学はフィリピン人も外国人も関係なく同じ授業を受けます。説明も、教科書もぜーんぶ英語です。私は、EOをとばして正規留学で入りましたが、最初は英語の情報量が多すぎて、授業を1コマ受けるだけでも相当な体力を使って居ましたが、授業で発表やプレゼンテーションがこれでもかってくらいあるので、英語が自然と伸びて居ました。

英語がある程度出来る人は、正規留学から入ったほうが、英語力も上がるし、早く卒業できるので、頑張ってなんとか試験をパスしましょう。

シリマン大学への入学必要書類

シリマン大学への入学必要書類画像

シリマン大学の入学に必要だった書類なので、学校によっては違いかもしれないので自分の行きたい学校に確認する事をオススメします。レッドリボンを取得するのに時間がかかるのと、無犯罪履歴証明書は本人しか取りに行けないので、確実に日本で取得してから持っていきましょう。

  • 在学している大学や学校の英文の成績証明書
  • 戸籍謄本とそれの英訳での証明
  • レッドリボン
  • 無犯罪履歴証明書
  • 最終学歴の英文証明書(私は、大学在学中だったので高校の卒業証明書を英文にしてもらいました。)
  • 銀行の残高証明書(英文)
  • カバーレター2枚(推薦書・私はゼミの先生と学部長の推薦書を英語で書いてもらいました。)
  • パスポートの写し

シリマン大学への入学金送金方法

シリマン大学への入学金送金方法画像

書類を全て送信して、メールで受理されると、入学金約1万円をシリマン大学の口座に送ってくれと言われたので、私は三菱東京UFJ銀行の海外送金を利用しましたが、他にも楽天銀行や新生銀行さらに、ウエスタンユニオンバンクなどで海外送金は可能になって居ます。銀行によってレートや手数料さらに送金方法が異なるので、各自で調べる事をオススメします。

フィリピンの大学に入るのに、TOEICやIELTS必要?

フィリピンの大学に入るのに、TOEICやIELTS必要?画像

フィリピンの大学は、英語で行われますが、TOEICやIELTSの点数は必要ありません。ですが、入学時に英語のテストや他の科目のテストがあるかもしれませんが、基本お金を払えば入るのは難しくないですが卒業するのが難しいです。なので、私TOEICの点数高くないやTOFULやIELTSもってないけど大学に留学したい方なんかは、凄くオススメです。

フィリピンの大学に入るための英語力

フィリピンの大学に入るための英語力画像

フィリピンの大学は英語で行われますが、英語そんなに自信ないと言う方でも、頑張ればついていけると思います。ですが、フィリピンの大学は毎日のように課題がでます。一週間で分厚い英語の本を読んで感想をプレゼンテーションしろとか、教科書を元に自分の意見を英語で発する事をさせられます。

授業についていく為には、予習と復習さらに自ら英語で勉強する意識が無いとやってけません。正直、フィリピン人も第二言語で英語を学んで居ますが、フィリピン人の英語力は半端ないです。その人達と互角に戦っていかなきゃいけないと考えたら、辛くなりますね。

英語は出来なくても、必然的に出来るようになってくると思いますが、勉強をしたくないのであれば、オススメはできません。本当に、嫌と言うほど勉強漬けで遊ぶ暇はあまりありません。

シリマン大学の学費

シリマン大学の学費画像

シリマン大学の学費ですが、学部にもよりますが、半セメスター(半年)で約6万・7万くらいです。日本の大学にくらべたら格安すぎますね。年間でも14・15万ですが、授業の長さや、個数によって前後していきますが、確実に日本の大学よりも安いです。

フィリピンの大学留学の一か月の生活費

フィリピンの大学留学の一か月の生活費画像

フィリピンは、新興国でコストが日本の2/1か3/1と言われています。そんな中家賃入れても一か月4万前後で生活できます。ですが、その人がどれくらい節約して、何をかうかなどにもよりますが、約5万あれば生活には困りません。私が一年でいくら使ったか実際の料金が書いてあるので参考にして下さい。

格安英語大学留学画像

 

https://snowytravelinformation.com/%e6%a0%bc%e5%ae%89%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%95%99%e5%ad%a6

私がフィリピン大学留学をオススメする理由

私がフィリピン大学留学をオススメする理由画像

なぜ私が、ここまでしてフィリピンの大学留学をオススメするかと言うと、日本人にとってうってつけの英語の勉強する場所になりうると思います。語学学校などに行っても、英語学習者と話しているだけでは、英語はあまり伸びませんが、ネイティブの生徒や多くの生徒と大学の授業を通して、英語でコミュニケーションをかわしていかなければいけません。

フィリピンの大学では、主体的に活動していかなければならないので、嫌でも英語が伸びるし、英語力だけではなく英語を通じた海外の一般常識なども大学生活を通して学ぶ事が出来ます。もし、フィリピンの大学に行きたいけれど、方法が分からないなんて方がいれば、是非コメントなり連絡してきて下さい。何かしら助けになれるかもしれません。

 

YUKINO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。