【格安学位留学?】シリマン大学で実際に1年間かかった学費と生活費

格安英語大学留学画像

こんにちはYUKINOです。今回は、私が実際にフィリピン・ドゥマゲテにあるシリマン大学に留学した時に、実際どのくらい費用が掛かったか紹介します。フィリピン留学は安くて有名になって居ますが、実は、大学留学の方が安いんです。気になりますよね!?紹介します。

シリマン大学で正規留学にかかった費用

シリマン大学で正規留学にかかった費用画像

授業料16万

ビザ3万位

家賃12万

食費25万

その他10万

人によって誤差はあると思いますが、私が、フィリピンの大学で使った額は約合計で約70万です。ですが、私は、海が好きだったのでフィリピンを回りまくって居たのでもう少しかかったと思います。ですが、普通の生活をしていれば、この値段いや、むしろもっと節約すればもっと安いと思います。私のセブで行っていた語学学校が3ヵ月で60万くらいだったので、ドゥマゲテに一年いるのと変わらないですね。

*フィリピン・ドゥマゲテはマニラやセブよりも物価が安いので、マニラやセブの学校に行く際はもっとかかるかもしれません。さらに、詳しい内容は下記に記載してあります。

 

シリマン大学の留学費用

シリマン大学の留学費用画像

フィリピンの大学の学費は、日本の大学の学費に比べると格安です。日本の大学が学費が120万位かる所が、フィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学だと、私の場合は授業料が16万くらいですみました。授業は、英語で行われるので、英語の勉強になります。

マニラの学校だと、もう少し高くなりますが、日本の大学よりは安いです。大学の学士を英語で取りたいのであれば、フィリピンの大学に行く事をオススメします。ちなみに、私の行って居たフィリピン・ドゥマゲテのシリマン大学は創設者がアメリカ人なので、教育システムや教える事はアメリカに、沿って行われています。

食費

フィリピンでの食費は、何をどこで食べるかにもよりますが、一か月贅沢しても2万円行かないでしょう。私は、基本的にめんどくさがり屋なので外で食べてました。ですが、1食100P~150P(200円から300円)位で済ませていたので、お酒を飲んでも、2万円位で何とかなって居ました。ですが、フィリピンのローカル食堂などで済ませれば、50P(100円)位でお腹いっぱいに食べれます。ですが、味にバラエティーが無いので、次第に飽きて来ます。

学費

フィリピンの大学の費用って実際にどれくらい掛かるか分かりませんよね。私も、調べた時には、シリマン大学の情報が何もネット上に無かったので困りました。これは、とる科目と学科によりけりですが、授業料だけならば、一科目1セメスター4000P(8000円位)前後です。ですが、生徒によって異なります。なぜならば、とる科目が人によって違うからです。

さらに、外国人の場合は、フィリピンの方よりも、10パーセントから15パーセント施設費が高くなって居ます。*授業料については、毎年少しずつ上がって居るみたいです。

家賃

フィリピンの家賃事情ですが、私は結構いいところに住んで居ました。なので、15000P(約万)のアパートを3人でシェアして住んで居たので、大体一万円でした。その前は、日本人の友人と9000P(1万8千円)で一軒家を借りてシェアしていました。場所と、求める物によりますが、一軒家でも、1万P(2万円)位で家を借りる事が可能です。

フィリピンで賃貸を借りる際には、2か月分の家賃を、デポジットと1か月分の前払費用で取られまっす。何もなければ、デポジットは部屋を返す時に、帰って来ます。

シリマン大学の寮

シリマン大学の寮画像

フィリピンの大学には、寮が併設されている場合が多いです。寮には、ご飯もありますが、日本人には合わないでしょう。さらに、綺麗さを求めるのであれば、外で自分で借りる事をオススメします。シリマン大学の量でには、門限があるので、(10時か10時30)自由を求める人は外に住みましょう。多くのフィリピン人のお母さんが、厳しいように、寮母さんも厳しいみたいです。

門限を破ると、なんで帰って来なかったのと問い詰めるらしいので、門限や遊びたい人は、外に宿を借りて一人で住むのがオススメです。寮は、人間関係が構築しやすいので、1セメスターだけ寮に滞在して、2セメスターからは、自分でアパートを借りる人も居ます。

フィリピンの学生ビザ(F9)

フィリピンの学生ビザ(F9)画像

フィリピンの大学に行くには、学生ビザが必要です。フィリピンのビザを申請するのに、書類が必要になります。その書類は、日本で事前に集めて行かなければなりません。留学者本人が申請して受け取る書類があるので注意しましょう。

フィリピンのビザを取る前に、フィリピンの大学から入学許可書を貰わなければ、いけません。自分の行きたい大学に連絡を取り、入学許可書を貰っておきましょう。

フィリピン留学ではアルバイトは出来ない

フィリピン留学ではアルバイトは出来ない画像

フィリピンに行ったら、私たちは外国人になります。フィリピンの大学に通うのであれば、学生ビザになるので就労は認められていません。しかし、フィリピンの場合は、日本に比べると物価が安いので、事前に費用をしっかり貯めて、勉強に集中した方がいいでしょう。

フィリピンの学生ビザの情報には要注意

フィリピンの学生ビザの情報には要注意画像

フィリピンのビザの情報はコロコロ変わります。そして、情報が変わったにも関わらず、何も、情報が変更されていない場合が良くあります。なので、フィリピンでは自分が気になった事は直接確かめるか、電話で確かめるようにしてください。

ビザが、更新されて無かったなんて事になったら大変ですからね。

シリマン大学の正規留学は英語を学ぶ人には穴場

シリマン大学の正規留学は英語を学ぶ人には穴場画像

フィリピンの大学は、日本ではまだまだ有名ではないですが、授業は全部英語で行われて、発表やプレゼンも英語で行われます。日本の大学のように、大人数ではなく20~30人の少人数制です。そのため、グループワークが多く、嫌でも英語でコミュニケーションを取らなければいけません。

教科によりますが、課題も沢山出るので、正直遊んでる暇はありません。ですが、勉強を通して交友関係が生まれたり、様々な文化に触れられます。特に、私の行っていたシリマン大学は、フィリピン中のお金持ちの子供が集まるので、みんな他のフィリピン人よりも英語が堪能で、卒業後はアメリカをはじめ海外に行く人が多いです。

私は、他の大学の事は知りませんが、私の行って居た、シリマン大学には本当に世界各国から留学生が来ていて、私が、日本人だからか、インターナショナルの友人は沢山出来ました。英語をツールとして世界の人々と交流する事が当たり前に出来て、本当にすごい環境に居たんだなと、思います。

シリマン大学の授業の質

シリマン大学の授業の質画像

フィリピンの大学の質を考えると、日本ほどクオリティは高くはありません。英語で授業をしていても、政治や歴史系はフィリピンの歴史を知っていればそんなに難しくはないです。何が難しいかと言うと、全てを英語で理解し英語で”自分の意見”を発表しなければなりません。

英語が、母国語で無い私たちが、英語が出来て当たり前の世界に入って行って対等に対話が出来るか。そこが非常に重要で問題でもあります。日本の英語では到底太刀打ちできません。なので、大学時代は英語に染まりたいって方はぜひ、フィリピンの大学オススメです。

シリマン大学に行ってどれくらい英語伸びたか

シリマン大学に行ってどれくらい英語伸びたか画像

正直言って英語力すっごく伸びたと、思います。恐らく私を昔から知って居る人は驚くぐらいに。英語力を表現するのは難しいですが、英語で電話出来ますし、喧嘩も出来るようになりました。さらに、口語やスラングを理解し使いこなせるようになったのが、一番の成果かなと自分で感じてます。

私、机に向かってガリガリやる勉強向いて無かったので、人と話す事で、話している事を理解し、真似する事で、話せるようになっていったので、勉強したくないけど、話したいって人には凄くオススメかなって思います。

シリマン大学に通うなら、ビサヤは勉強すべき

シリマン大学に通うなら、ビサヤは勉強すべき画像

これは、もうギャグなのですが、私のように顔が濃いとフィリピン人に間違われるんです。さらに、現地語を話せないといっても、理解してもらえません。顔がフィリピン人に見られるんでしょう。英語で話せと言った瞬間にフィリピン人の人は黙ってしまう事があるので、現地語勉強した方が早いと思って多少勉強しました。

今は、現地語も日常会は理解できるようになりました。現地語が話せるだけで、人との距離が目に見えて変わるんです。なので、英語を学びに来たのに、なんで現地語!?と思いますが、話せなくて困ることはありません。

フィリピンの大学で英語を上達させよう

フィリピンの大学で英語を上達させよう画像

フィリピンの大学は、まだまだ認知されていませんが、日本人が英語を勉強するには、最適な場所だと思います。私のように、英語が話せ無かった人も、1年も居ればペラペラになるでしょう。今後さらに、日本でも国際人材が求められるので、英語は早いうちに身に着けておきましょう。

私は、フィリピンの田舎のドゥマゲテにあるシリマン大学に行って居ましたが、他にも外国人を受け入れている学校は各地にあるはずです。自分の行きたい土地の大学に是非行ってみて下さい。フィリピンの大学は、1年だけとか1セメスターだけとかも出来るので、短期で英語少しだけやってみたい方にもオススメです。

何か質問があれば、コメントしてください。この情報が一人でも多くの方の役に立てば幸いです。

YUKINO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。