フィリピンに行った事ある人なら共感できるフィリピンあるある

こんにちはYUKINOです。実はこの前、用事があって少しだけフィリピンに戻っていて、日本とフィリピン全然違うなと思ったので、それを紹介してきたいと思います。フィリピンに行った事ある人であれば、「あるある~」って思うと思います。

フィリピンではスタッフは働かない

フィリピンではスタッフは働かない画像

皆さん。フィリピンに来て驚くと思いますが、フィリピン人は働きません。空港について、空港スタッフがエスカレーター横に座り、スマホでゲームしてるのや、チャットしているのを見て、フィリピン帰って来たーと思った私は、キチガイですが、これこそ、フィリピンです。

服屋さんやショッピングモールでも、お客さんは少ないのに従業員はいっぱいいるんです。そのため、人が居ない時は、従業員同士でおしゃべりが始まり、盛り上がっちゃうと、お客さんそっちのけで、話し続けます。フィリピンではよく見るあるあるです。

お店でも、仕事中でも形態をいじってるし、なんならお菓子を食べて居る人もいます。私がフィリピンに来て一番受けたカルチャーショックと言っても過言ではないでしょう。フィリピンの人に聞いたら、これはフィリピンでは一般的な事で、別に気にならないそうです。

フィリピンでは働いて居ても鼻歌を歌う

フィリピンでは働いて居ても鼻歌を歌う画像

2番目に驚いた事は、フィリピン人は、歌が大好きで仕事中にもいきなり歌を歌い始めます。恐らく、仕事中でも楽しみたいのでしょう。その時にフィリピン人は鼻歌を歌います。フィリピンでは、音楽が爆音でどこでも流れていて、土日になると朝から晩までカラオケが各家で行われている場所もあります。

フィリピンにはラテンの文化も入っているので、音楽が日常と一体化してるんでしょう。

顔の濃い日本人は、フィリピン人に間違えられ現地語対応される

顔の濃い日本人は、フィリピン人に間違えられ現地語対応される画像

これは、もう顔の濃い日本人の宿命なのではないでしょうか。私は、フィリピンに居るときは、どこに居てもそこの現地語で話されていたので、諦めて現地語を少し学びましたが、フィリピンに居るとみなさん、だんだんと肌が黒くなって行きます。さらに、顔の濃い人はフィリピン人に間違われます。

現地語で私は、フィリピン語分からないと言っても、何で分からないのか分からないみたいです。そういう時は、フィリピン人に見えるかもしれないけど、日本人だからわからないって言うと、大抵驚かれます。何かを聞いて、現地語で話されるれ、止まる勢いがないときは本当に困ります。さらに、英語で話してって言った途端情報量が半端なく少なくなる事もあります。聞く人の英語力によります。

フィリピンの書類は出したら終わり一生終わらない

フィリピンの書類は出したら終わり一生終わらない画像

フィリピンの時間間隔については、日本人はイライラするかもしれません。なぜならば、何事も時間通りになんて進みません。さらに、どれくらい掛かるのって言われても、分からず、書類系はとりあえず、一週間後に来てみてと言われ行っても、きっと忘れてやってません。書類が欲しいのであれば、コンタクトナンバーを聞き、3日前には「書類はどう?」と問い合わせましょう。

さらに、フィリピンはコネ社会なので、その業務に携わるコネがある人であれば、ぜひ使いましょう。なぜならば、コネがあれば、3日程度で終わるものが、早くて1週間長くて数か月になるので、早めに進めたい方は、コネを持って居る方を探すのが一番良いでしょう。

フィリピンで人を呼ぶときは「スーッ」って音を鳴らす

フィリピンで人を呼ぶときは「スーッ」って音を鳴らす画像

フィリピンでは、知らない人を振り向かせたいときや、注目して欲しい時に、「スーッ」って音を出して読んできます。これを、たまにやられると、「私は、犬じゃない」と思ってしまうのは私だけではないはず。特に、レストランでスタッフを呼ぶときや、トライシクルを呼ぶときや人に気付いて欲しい時に使います。

これを、日本人の人が使いこなせたら、あなたはきっとフィリピン通でしょう。

フィリピン人はフレンドリーだけど、繊細で嫉妬深い

フィリピン人はフレンドリーだけど、繊細で嫉妬深い画像

多くのフィリピン人はオープンでフレンドリーです。ですが、意外と中身は繊細で嫉妬ぶかいんです。特に、仲がいいとこの問題はさけれません。例えば、語学学校に居た時に、1人の仲の良い講師が居たので、お礼に秘密でその人だけに粗品をプレゼントしたら、何故かその情報が広まっていて、何であの人だけなのとクレームを言われましたが、フィリピン人の妬みは怖いです。一生続くと思って良いでしょう。

そんな事から、フィリピンの大学滞在時には、私の友人の多くは男性でした。もともと、さばさばしてるので、そういった女性特有の感じって苦手で疲れます。さらに、中立的な立場を取るので、間に挟まれます。そんな時は、関わらないに越したことはありません。

フィリピンでは、人を信用してはダメ

フィリピンでは、人を信用してはダメ画像

多くのフィリピンに、良く言われたのが、「ゆきの、フィリピン人の言う事は信じちゃだめ」ときつく言われましたが、きっと人を疑う事を知らない私に彼女たちは警告してくれていたんでしょう。多くのフィリピン人は、フィリピン人どうしあまり信用してないみたいです。

ファミリーファーストのフィリピンなので、日本では家族も大切だけど、友人も同じくらい信頼していて大切ですが、彼らの友情関係は、薄いみたいです。ベストフレンドと言っておきながら、裏で陰口を言って居る場合も良くあるので、フィリピンの友情関係で、強い友情関係を求めるのは、違うのかもしれません。人によると思いますが。

フィリピンの交通渋滞は本当にひどい

フィリピンの交通渋滞は本当にひどい画像

フィリピン特に、セブ・マニラの通勤と帰宅ラッシュの渋滞は酷いです。特に、マニラは最悪です。マニラの交通渋滞は、西アジアの中でワースト3位に輝いて居ます。東南アジアではなく、西アジアの3位です。素晴らしいですね。なぜマニラの交通渋滞がこんなにも酷いのか。それは、車の量が多いのと、道路や信号が整備されていないさらに、フィリピンの自由な国民性が、運転中にも出るからでしょう。

フィリピンでは、信号がない場所があり、そこでは譲り合いの精神はありません。みな自分の運転したいように、運転します。そのため、急に道に入り込んで来たりします。このせいもあって渋滞しなければ、10・15分でいける所が、1時間や1時間30かかる事もあります。なので、マニラで働く人は、交通渋滞を避ける為に、朝が凄く速いです。渋滞やシティでの生活が嫌であれば、マニラでの生活はオススメしません。

フィリピンの時間は信用してはだめ

フィリピンの時間は信用してはだめ画像

フィリピンに提示されている時間については、要確認が必要です。バスや船の時間さらに、飛行機の時間も変更になったり、遅れているので、最新の情報を聞きましょう。フィリピンでは、人に何かを聞いても、適当な話をされる場合があるので、管轄している場所で聞くのが一番です。

先日、シキホール島に行きたく、前日にチケットを買ったのにも関わらず、当日船場に行ったら「今日は船ないよ」と言われて、さすがフィリピンとなりました。こういう事が日常的に起こります。日本には、バスの時刻表や、電車の時刻表がありますし、時間通りに来るのが当たり前ですが、フィリピンでは、バスもある程度の時刻はありますが、時間通りには来ません。したがってしたがって,バスターミナルに止まっているバスの速い物に乗るべきです。

こんな国でも何故か戻って来たくなる国フィリピン

こんな国でも何故か戻って来たくなる国フィリピン画像

いろいろ考えると、フィリピンに住むってなると、むかつく時もあるんです。「もーフィリピン!!」って留学中に何度もなりました。しかし、どんなに嫌になっても何故か、恋しくなってしまいのがフィリピンマジックです。フィリピンには、この人が戻って来たいなってなる何かがあると思います。

一番は、フィリピン人の面倒みの良い性格でしょう。フィリピン人は誰かが困っていると、助けずにはいられません。そんな人間らしさに感動して戻って来る人も多いはず。

今は、フィリピンでもセブが人気になって来ていますが、セブどこ行けばいいか分からない人やフィリピンについて何か聞きたければ、いつでも連絡してください。

YUKINO

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。