私がフィリピン・ドゥマゲテで海外インターンをした理由

こんにちはYUKINOです。実は、私はシリマン大学の留学を終えてから、ドゥマゲテ市内の日本人経営の語学学校でウェブマーケティングのインターンをしていました。今日は海外インターンとはなにか。そしてなぜフィリピンで海外留学をしたのかを紹介していきます。

フィリピン大学留学でどのくらい英語が話せるようになったかを確かめる

フィリピン大学留学でどのくらい英語が話せるようになったかを確かめる画像

実は、私シリマン大学の留学を終えてから、そのままフィリピン・ドゥマゲテの地に残りインターンをしていました。なぜ私が、海外インターンをしたかと言うと、英語は話せるようになってきたが、実際にビジネスの場で私の英語は通用するのかを確認したかったのと、大学4年次に留学をしていたので何かしらの職歴が欲しかったので、フィリピン・ドゥマゲテに残りインターンをする事に決めました。

3年前にお世話になった語学学校にインターンで働かせてくれないかと提案したところ、快諾していただき、3ヵ月に及ぶインターンが始まりました。

シリマン大学の正規留学については下記を参考にしてください。

シリマン大学正規留学リンク画像

 

https://snowytravelinformation.com/studyabroadph

英語環境で働いてみたかった

英語環境で働いてみたかった画像

以前から私は、いつか仕事で英語が使いたいと考えて居ました。実際には英語では困ることはありませんでしたが、外国人と働く事が無かった私にとってフィリピンでのインターンは新しい物を与えてくれました。いくら英語が通じても、相手との信頼関係が無ければ、業務は円滑に遂行出来ない。さらに、外国人は気が強く繊細なので、どのようにして相手のモチベーションなどを考えながらコミュニケーションを取って行くかが凄く大変でした。

さらに、生まれてきたバックグラウンドが違う事で、いわゆる”常識”の違いで喧嘩する事もありましたし、相手が自分の意見を聞いてくれなくて、仕事が円滑に回らない時もありました。ですが、じっくり話し合いをし、お互いが一番いい形での作業の分担や役割を立て直す事が出来ました。恐らく、英語力が乏しかったらもっと苦労していたのではないかと思います。

フィリピン大学留学だけでは、就活に不利

フィリピン大学留学だけでは、就活に不利画像

私は、大学4年時に大学を休学せずに、フィリピンの大学に留学していたので、3月には既卒になってしまいました。その時に、留学行ってきました。英語話せますだけでは、他の人と一緒だなと思いフィリピンで海外インターンをしてから日本に帰ることを決意しました。特に、留学後に外資系企業に就職したい学生は、海外でインターンすると選考に有利になるでしょう。

将来を見据えてグローバルな経歴が欲しかった

将来を見据えてグローバルな経歴が欲しかった画像

私は、やはり将来的には海外で活躍したいです。そんな時に、インターンをしていると実際に海外の人と一緒に働くわけですから毎日嫌でも英語を話さなければなりません。さらに、海外インターンをしていれば、インターンで通用する英語力を持っているとみなされるので、海外で働きたい方には取っておきです。

海外インターンには、有給と無給のインターンがあります。会社や業務内容によって変わって来るので、海外インターンをしたい方は会社に問い合わせることをオススメします。フィリピンの場合は、多くの会社が宿泊施設や英語の授業食事を賄うわりに、おこずかいが出る場所が多いですが、場所によるので確認しましょう。

フィリピンでのインターンの内容

フィリピンでのインターンの内容画像

私が、フィリピンの語学学校でインターンをしていたのですが、インターンでしたことは、ベトナムマーケットの開拓とSNSの管理さらに、BLOGを使ったSEO管理の3つになります。役職がウェブマーケティングというポジションだったので、インターネット上でどのようにして顧客を集められるかを思考し、やってみて結果をみて修正していくって事をしていました。

シリマン大学では、マスコミの勉強をしていたのもあり広告などに興味があったので、実践で試す事で本当にこの仕事が私のやりたい事なのか否かを確かめる事が出来ました。

フィリピンのインターンで何を得たか

フィリピンのインターンで何を得たか画像

フィリピンのインターンシップで私は、主にフィリピン人とベトナム人の方とチームになって何かする事が多かったのですが、国によって仕事のとらえ方が違うなって感じました。フィリピン人は仕事も楽しみたいけど、ベトナム人と日本人は、仕事は仕事ときっぱり分かれていたので、釣り合いを保つのが大変でした。

さらに、フィリピン人は仕事中に音楽をかけて鼻歌し始めるし、仕事をしないでFACEBOOKをずっとみていたりと、フィリピンのインターンでも文化の違いに揉まれました。海外では働きたいと思っていたけれど、実際に働いてみて文化が違う事はこんなにも大変な事なのかを気付きました。

さらに、フィリピン人とベトナム人に共通しているのは働きすぎない事です。彼らはオンとオフの境目がしっかりしていて残業なんてしません。私が仕事をしていても、「働きすぎ、休憩しなさい」と言われたのが、海外と日本の働き方の違いだなと感じました。

フィリピンでのインターンはオススメか否か

フィリピンでのインターンはオススメか否か画像

フィリピンでインターンシップをするのは、オススメです。なぜならば、多くの語学学校や多くのフィリピンにある企業は、英語+実労があり、働きながら英語を学ぶ事も可能になっています。業務で英語を使わなきゃいけないとなると、必然的に英語を話さなければならない環境に置かれるので、英語力は伸びます。

ですが、フィリピンでのインターンでは、募集要項を見て来たのに情報と全然違うという事もあるので、良く調べてから決断するのがオススメです。将来的には、海外で働きたい方にとってはフィリピンのインターンで職業経験と英語力を生かせるというのは、強みでしかないですね。ぜひ気になった方は、フィリピンのインターンについて調べて見てください。

YUKINO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。