セブ島で家探しをしたら予想以上に大変でした。

セブ島で家探しをしたら予想以上に大変でした。画像

セブに仕事で来る事が、決まってインターネットなどで、家を探していましたが、正直あまり良い物件は無かったです。

さらに、土地勘がないので家なしで飛び込み現地で探すことにしたら結構苦戦しました。

私がどのように、セブで家を見つけたかを紹介していきます。

ホームレスからホームありへ

ホームレスからホームありへ画像

セブに来た時は、ホームレスでした。そのため、オフィスの近くのホテルを1週間くらい予約して、セブ島に来ました。

フィリピンの物件をネットでみてお金を払えば、キープしておくことも出来ますが、フィリピンはお金が関わるとめんどくさい事があるのでしませんでした。

さらに、家に不具合がある場合もあるので、直接目で見てから決めようと思ったので、ホテルに滞在して、歩いて家を探そうと思いました。

フィリピンでの家の探し方

フィリピンでの家の探し方画像

フィリピンでの家の探し方は、なんとも原始的ですが、「House for rent」の看板のあるところにひたすら連絡して、内展を繰り返します。

私は、オフィスの近くに住みたかったので、オフィスの周りにあるアパートメントや宿に連絡しまくりました。

時期が悪かったのか、気にいるところがあまり見つかりませんでした。

セブの家賃は高い?

セブ島の家賃は高い?画像

フィリピンに留学していた時も、家を借りていました。ドゥマゲテでは、家の相場が5000p~8000p(約1万円〜2万くらい)くらいでせば、ある程度綺麗な場所で、ダウンタウンの近くの1R(家具あり)に住む事が出来ます。

しかし、セブでは、狭い1Rで日本人の住めるところだと、10000p(2万2000円)くらいかかります。(家具なし)

安いところもありますが、日本人が住める場所ではないのであまりオススメしません。

一番安くて、日本人が住める場所は、セブの最低価格は、8000pあたりの宿になると思います。

フィリピン人のエージェントも言っていましたが、セブ島の家賃がマニラよりも高くなっていると言っていました。

現地の人に聞くのが良い

現地の人に聞くのが良い画像

オフィスの周りの家を探していましたが、あまり良い物件が無かったので、フィリピン人の友達にどっか良い家ない?と聞きました。

そしたら、家を紹介している人がいるって言われたので、連絡をとって見ると新築の一軒家を結構な破格で紹介してもらいました。

写真をみて、次の日に物件を見てその場で決めて、サインして次の日にオーナーと対面して、契約しました。

家を一人で探しているのが、バカに思うくらい早く進んだので、セブで家を探すならエージェントに聞いた方が早いですね。

手数料などは、一切取られなかったので、おそらくオーナー側が持つのでは、ないでしょうか。

フィリピンの家は、問題ばかり

フィリピンの家は、問題ばかり画像

まだ、新築ですが、欠陥ばかりです。鍵を閉めたのに勝手に開いてしまうドアや、外のキッチンに屋根が無いとか。

欠陥ばっかなんですが、問題があるたびにすぐに直してもらっています。ここは、もうフィリピンクオリティなんで、妥協するしか無いです。

しかし、フィリピンで長期滞在する人にとって家ってかなり重要になって来るので、自分の気にいるお家を見つけた方が良いです。

フィリピンの家の借りかた

フィリピンの家の借りかた画像

フィリピンの家を借りる時は、だいたい1ヶ月前払い2ヶ月デポジットで三ヶ月分の家賃が必要になってくるので、気をつけましょう。

さらに、最低どれくらい滞在しなきゃいけないとかもあるので、契約まえに確認しましょう。

デポジットなどは、場所によって変わって来るので、逐一確認が必要です。

フィリピン・セブ島で家を借りたいのであれば、時間がかからないエージェントをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。