英会話力を上げたい初心者におすすめの本

英会話力を上げたい初心者におすすめの本画像

みなさんは、漠然と英語が喋れたら良いなとか、英語が喋れたら役に立つんだろうなと思った事はありませんか。そんな方に読んでほしいです。

ちなみに筆者は、1年間の英語留学を終えて字幕なしで、英語の映画が理解出来るようになりました。さらに、ネイティブの方とも問題なく会話できるようになりました。

留学しなくても、英語は話せるようになる

留学しなくても、英語は話せるようになる画像

『留学に行ったから英語が話せるんでしょ?』と多くの片は思うと思います。しかし、ぶっちゃけ独学でも英語喋れると思います。重要だと思うのは、英語を話す事と、英語の発音をしっかり学ぶことで、英語は喋れるようになります。

日本の学校では文法的な事はおしえてくれますが、いくら書けても英語の発音が違えば通じません。つまり、英語を話したいのでれば、発音をしっかり勉強すればどんなに語彙力が無くても会話ができます。

発音を勉強すれば、英語が楽しくなる

発音を勉強すれば、英語が楽しくなる画像

発音がしっかりしていれば、英語が伝わります。英語が伝わると楽しくなってきてもっと英語を勉強したいと思うようになります。言語を勉強する上で、これが一番大切だと思います。

机で勉強するだけでは、楽しさも何もありません。英語を使って通じた時こそ英語を勉強しててよかったと思います。3ヶ月勉強すれば発音の基礎は分かるようになるので、その状態までいったらあとは、練習を繰り返すだけです。

オススメの英語の本

今まで、英語を勉強してきて、数え切れないほどの本を買って勉強して来ました。本って意外と費用がかかります。そこで、私が実際に使ってオススメの英語の本を紹介します。

英語耳


英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き)

日本では英語の発音については詳しく学校で教えてくれませんが、この本を一冊やるだけで、外国人の方と英語で会話ができるようになります。

これを一冊やると、見ちがえるほど英語の発音が良くなります。最初は英語が聞き取れなくてもだんだん周りがなんて言っているか分かるようになって来ます。

どんどん話すための瞬間英作文


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

英会話を伸ばしたいなら、この本を勉強するべき。この教材は日本語の下に英語が書いてあって、

海外で使われている口語が多く乗っているので、勉強したことをそのまま会話で使う事ができます。

今でも覚えていますが、大学に通学していた電車の中で、勉強して学校が終わったら、

スカイプ英会話を使ってこの教科書で学んだことをアウトプットしていました。

NOBU式英会話


英語のスピーキングが驚くほど上達する NOBU式トレーニング【MP3 CD付】

留学する前に勉強したい教科書です。毎日3ページずつ覚えて次に会う日に友達との会話の中で何気なく使っていました。

教材で学んだものが通じたときは、すっごく嬉しくてその、文章は忘れなくなります。

英語は、話す事が全て

英語は、話す事が全て画像

多くの人に、英語ってどうやって勉強すればいいのとか、まず何から始めればいいのと言われますが、まずは、「発音と英会話のフレーズ」を覚える事で、少しずつ型にはまりながらも、話せる言葉が増えて行きます。

そして、何より大切なのが継続をする事です。英語を勉強していると、沢山の英語学習者に会いますが、ぶっちゃけ継続して今も勉強しているのは、3割とくらいの人でしょう。日本にいるとどうしても日本語だけで完結してしまう事もあるので、英語を話したい目的を明確にするのがいいでしょう。

間違えたらどうしようは、忘れよう

間違えたらどうしようは、忘れよう画像

英語を話さなければ行けない場面で、文法が違かったらどうしよう。伝わらなかったらどうしようと考える事があると思います。そうゆう時は、正確に伝えるのを辞めて、自分の感情で話すと良いです。もし、分からないとい言われたら、例えば〜と話せばわかってくれます。英語を話すのが嫌になるときもありますが、ドンドン挑戦しましょう。

恥をかいた分だけ英語は上手くなる

恥をかいた分だけ英語は上手くなる画像

英語は、恥をかいた分だけ上手くなります。私も沢山話せなくて、伝えられなくて恥ずかしい思いをして来ました。ですが、その当時は本当にショックや恥ずかしさと言ったいろんな感情が入り混じるのですが、その事を気にしているのは大抵あなただけなので、いっぱい恥をかいて英語を勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。