留学後の英語の維持の方法

留学後の英語の維持の方法画像

こんにちはYUKINOです。日本に帰って来てから”英語”を使う機会がものすごく少なくなりました。5月までは、フィリピンに居たので、嫌でも英語が耳に入ってくる環境でした。そのため、日本語のアクセントが、外国人が日本語を話して居るようになって居ましたが、それが無くなるとともに、英語力が落ちてきているのを感じています。

留学や海外に長期滞在した人にとってこれから”英語”とどのようにして向き合っていくかって凄く大切なことだと思います。今日は、私が日本に帰ってきて英語を維持するためにしている事を紹介していきます。

留学から帰って来るとなぜ英語力が下がるのか。

留学から帰って来るとなぜ英語力が下がるのか。画像

皆さん、留学に行っていれば、当たり前に毎日英語で話しますよね。物を買うにしても、値段を聞いたり、どこかに行くにしても、どこへいくのかを英語で伝えて来ました。それが、普通でしたが、日本では日本語が言語で日本語さえわかれば、日本の社会では生活していけます。

なので、日本にいて英語を話す機会って外資系企業に勤めていたり、友人が外国人で無い限り無いと思います。つまり、留学していた時期と比べ、英語が使える場所が格段に少なくなり、やっとの事で手に入れた、”英語”は使わないうちに忘れて行ってしまいます。

英語脳から日本語へ

英語脳から日本語へ画像

私が、凄く感じているのがフィリピンから帰ってきて2か月くらいはまだ頭の中が英語でした。つまり、日本語で話しをされても理解はできるのですが、英語で考え事をしょているのでそれをまた頭の中で、日本語に翻訳しなおすって事を繰り返してました。

しかし、日本で生活する上で、毎日のように日本語を聞いているとだんだんと脳が日本語で理解し始めます。意識的に英語で考えるようにしないと英語がでて来なくなりました。

留学後にしている英語の維持法

留学後にしている英語の維持法画像

人によりますが、英語は簡単には習得できません。ですが、忘れるのは凄く簡単なんです。しかし、せっかく身に着けた英語を話せなくなってしまっては、勿体ないです。なので、私が留学から帰ってきてどのようにして英語を維持してるかについてざっくり紹介します。*あくまでも一例なので参考にして下さい。

映画は英語で見る

映画は英語で見る画像

基本の基本かもしれないですが、洋画は全部英語で見ます。宇宙系や法律系でなければ、字幕は付けず理解できない単語があれば、メモしておいて、あとで辞書を使って確認します。映画では、日常的に使う口語が沢山使われているので、英語を会話から学べます。理解出来ない箇所があれば、必ず辞書で調べてどんな意味で使われてるか分かった上で、もういっかい見る事もあります。

Voice tubeを使う

Voice tubeを使う画像

Voice tubeという動画アプリがあるのですが、英語学習者用に作られた、英語動画が集約されているアプリケーションです。登録すれば、無料で動画が見れるのと、全ての動画に初級・中級・上級のマークがあるので、自分の好きなジャンルに合わせて選べます。このアプリケーションには、様々なジャンルがあるので自分の好きなジャンルから選ぶことも可能です。

中でも、英語字幕と日本語字幕が選べて、分からない単語はマークしておいて後で調べる事が可能です。YOUTUBEで英語で検索するのも良いですが、なんて検索していいか分からなかったり、別に特別に見たいものがないときは、VOICE TUBEを開けば勝手に動画がリストアップされるので、お勧めです。今まで、色んな英語教材をつかってきましたが、ガリガリ勉強することじゃないので楽しみながら英語学習を続けられています。

洋書を毎日読む

洋書を毎日読む画像

日本で生活していると、英語を読む機会って本当に限られていて、英語を読む事はほとんどありません。綴りを覚えていた単語も、消えてなくなって行きます。それを防止するために、毎日15分から30分洋書を呼んで、どんなことが書いてあったかを英語でサマライズしています。

これって英語を喋る時と一緒で、何かを考え答えがあるからこそ、英語で伝える事が出来るのであって、何もなければ、英語でも日本語でも伝えられません。洋書を読む事で、綴りを忘れないようにするのと、ボキャブラリーを少しずつ増やしています。

英語を話す

英語を話す画像

日本に居て一番難しいのが、英語を話すという事です。正直いって日本で英語を話す場所はないです。なので、作ります。どのようにして、英語環境にするかと言うと、独り言を全部英語にしてみてください。それと、自分の思った事や考えて居る事を英語で表現すると、意外と自分が分からない事が多いと分かります。

その時は、辞書やインターネットを使いどのようにして、英語で言えば良いかまたは、英語の分かる友人に聞いてみるのも良いでしょう。一番大切なのは、その用法を知ったあと、自分が使えるように覚えてください。なので、分からない単語やフレーズにあった時は、そのままにしないで、自分が使えるようになるまで繰り返し練習する事です。これにつきます。

英語は筋トレ

英語は筋トレ画像

英語は、勉強してすぐに出来るものではありません。筋トレのように、毎日少しずつコツコツとトレーニングが必要です。この努力なしには、英語は身につかないでしょう。海外に滞在していれば、自然と新しいワードに出会い友人の使い方から真似をして英語を学んでいくことも可能ですが、なんせ日本には英語を使う機会がないので自然にボキャブラリーが増えていく事は不可能です。

なので、自ら少しずつまなんで行かなければいけません。英語は、生涯学習です。私も頑張るのでみなさんもせっかく身に着けた英語維持していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。