日本人が英語を話せない理由

日本人が英語を話せない理由画像

こんにちはYUKINOです。最近凄く考えさせられることが起きて、なぜ日本人が英語を喋れないのかを考える機会があったので、そのことについて今回はシェアしていきたいと思います。

日本人の英語アレルギー

日本人の英語アレルギー画像

日本に居て英語を聞くと、大げさに”私は英語を喋れない”と拒否する人が多いと思います。ですが、なぜ私たちが、こんなにも英語にアレルギー反応を起こすかと言うと、日本人は常に”完璧”を求めます。第二言語で英語を学んで居るのにも関わらず、あたかも、英語で話しかけられたら、英語で完璧に話せなきゃいけないって思って居る人が沢山いると思います。

しまいには、”I can’t speak English”なんて言葉を使って英語を喋れないという事を表現しますが、英語が喋れる人からすると、「え、英語を喋れないっていって、英語喋ってるじゃん」って思ってしまうのが本音です。

英語ってもっとハードルの低い物では無いのか

英語ってもっとハードルの低い物では無いのか画像

フィリピンの大学、特にシリマン大学に通って居た時は、学校がら多くのインターナショナルの生徒と話す機会がありました。その際に凄く思ったのが、英語を第二言語で勉強している人は沢山いて、たまに分からない事とかがあるけれど、アクションや音などを使えば何を彼らが言いたいかは分かります。

それよりも、日本人と他の留学生が違うのは、日本人は英語が分からないと思った時は英語を話すのを辞めるとおもいます。ですが、彼らは、英語がどんなに下手でも分からなくても、英語を使う事を恐れていません。さらに、これでもかってくらい、英語で自分の言いたい事を表現してきます。

英語はただのコミュニケーションツールでしかない。

英語はただのコミュニケーションツールでしかない。画像

世界の中には、英語を話す国も話さない国もあります。その上で、文化や言語が違う中で、どのようにしてコミュニケーションを測るかと言うと、”英語”しかないんです。ですが、英語は自分が思った事を伝えるツールでしか無くて、点数を取る為に弁ようするものでもなければ、英語が話せるからって自慢するものでもないと思います。

世界には色んな英語がある

世界には色んな英語がある画像

日本人が英語って想像すると、大きく分けてイギリス英語とアメリカ英語だと思うのですが、それだけが正統派ってわけではありません。英語には様々な種類があります。例えば、シンガポールのシングリッシュやインドのインド英語、マレーシアのマレーシア英語、などなど沢山あります。

ですが、多くの人が沢山のアクセントを持って居ます。ですが、それもそれでいいんです。大切なのは、自分が何を考えて、どう思って、何をしていきたいかを英語で表現する事です。

ネイティブほど英語のアクセントは気にしない

ネイティブほど英語のアクセントは気にしない画像

シリマン大学に留学中に、ある人のネイティブの女の子と仲良くなりました。その時に、話したのが、久しぶりに出かけた時に、「ユキノ凄い英語上手くなったね~」って彼女は言ってくれました。私は、「英語は前よりも上手くなって来たんだけど、日本語のアクセントが抜けないんだよ~」って彼女に言ったら、彼女は「確かに、日本のアクセントはあるけど、それでも理解できるし、それはあなたがどこから来たかのルーツでもあるから、大切にしたほうが良いよ」って言われた時に、「あ、確かに」って腑に落ちました。

私たち日本人は、どこかしらに西洋への憧れがあって、英語も西洋の英語ではないといけないと思い込んで居ますが、そんな事は無くて、シングリッシュやインド英語のように、日本語英語があってもいいのではないかと凄く思いました。

英語が話せると、西洋かぶれ!?

英語が話せると、西洋かぶれ!?画像

一方で、日本で英語を喋る人に対して西洋かぶれや外国人かぶれって言葉があると思いますが、これって凄く酷い言葉じゃないですか。日本で英語を話す人は少なからず、努力をして英語を学んだ人達です、そういう人に対して、外国人かぶれや西洋かぶれって言葉でかたすのは凄くひどいと思います。

英語を話せる人は、人に見えない努力を沢山しています。その努力を認めもしないで、西洋かぶれなどの言葉を言う事で、相手を傷つける事で、自分の立場を保とうとする人が凄く多すぎて、悲しいです。英語を勉強したこっちからすると、外国人かぶれでもなんでもなく、必死に勉強したんだよ!!って言いたいです。

こういう文化的背景から日本人が英語を話さないって言うのも大いにあると思います。

英語は喋れるけど、積極的になれない

英語は喋れるけど、積極的になれない画像

これは実際に私が体験した事です。英語は聞けるし、喋れるけれど、積極的に自分から話に入って話をするって事が非常に苦手でいまでも苦手ですが、これは多くの日本人が経験する留学あるあるだと感じて居ます。日本の文化的背景から、自分の意見を主張するってよりも、一歩下がってみているひとの方が好まれますよね。この日本人的な文化が染みついてしまっていて、海外に出た時は凄く大変です。

なぜならば、海外では自分の意見を言える人が良いと思われていて、自分の意見をこれでもかってくらい主張しなければなりません。日本人の、控えめな良さは、海外では通用しません。なぜなら、自分で自分自身を表現していかないと、誰も分かってくれないからです。

海外の人は、日本人みたいに場をさっするって事が出来ないので、何でも表現していかないといけません。この表現がどうしても苦手で、今の課題でもありますが、教育の違いでここまで変わるのかと凄く感じました。

近いうちに英語が話せるのは普通になる!?

近いうちに英語が話せるのは普通になる!?画像

子供の世代は、英語が話せるのがふつうだと思って居ませんか。しかし、そんな時代はとうに始まって居ます。英語を第一言語としていない国でも、多くの人が幼い頃から、英語教育を受けて居ます。小学校や中学校から始まる日本の英語教育が、世界各国に追いつけるかと言うと、追いつけません。なので、これからは、幼い頃からの英語教育は必須になって、中国語やスペイン語が話せるトリリンガルのような人が沢山出てくるでしょう。

英語だけでは、勝負はできない

英語だけでは、勝負はできない画像

日本語+英語で勝負できると思いますか。もし、日本人で英語自分の武器にしたいのであれば、ネイティブ並みの英語力が必要になります。しかし、英語を使って仕事をするとか、海外で英語を使って仕事をする場合には、+アルファで他の技術を持って居れば、十分に通用するでしょう。ですが、英語だけで勝負するのは、相当ハードルが高いです。なので、英語をはなせるのと、何か好きな事を一緒に磨くと凄く効率が良いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

20でフィリピンへ。その時から少しずつ私の歯車は壊れて行った。バックパッカーとしてアジアを周り、様々な事を見て来ました。海外で感じた事を少しずつシェアしていきます。